2013年3月アーカイブ

クルマの塗装面を保護

| トラックバック(0)
まぁ必要は発明の母といいます。
急激な経済発展によって、
日本を抜いて第2位の経済大国となった中華人民共和国。
その一方で、
人命も環境もなにもかもが捨て置かれていて、
大変な問題を後回しにしてきた現実があります。

共産主義というのはすでに名ばかり。
共産党だけが儲かる国。
共産党でなければ人に非ず。
そういった国になっているのが中国ですね。
一党独裁による恐怖政治。
大気、大地、水、食物、すべてが汚染された国。
その腐敗っぷりは政治が最たるものです。

ニュースで流れているのでおなじみになったPM2.5
日本でも大問題になっていますが、
中国は最悪な状態になっていますね。
そして、環境保護をあとまわしにしたけっか、
砂漠が広まって、黄砂が毎年のように日本を襲っています。

その黄砂などから、車を守りたい。
きれいな状態で車を保ちたいというのは、
どこの国のクルマ好きでも同じなんですね。

ニュースだと黄砂のような微粒粒子から、
塗装面を守るためにポリマー粘土が開発されたそうです。
これで、塗装面をねちょねちょとやることで、
微粒子を取り去るんですね。

まぁ一番はこういった微粒子がこなくなるのが一番いいんですけどねぇ。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

このアーカイブについて

このページには、2013年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年2月です。

次のアーカイブは2013年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。